春夏秋用のウェットスーツのマテリアル(生地) of マテリアルセンター by オトナのウェットスーツ SHISEE WETSUITS CLASSICS 送料・オーダー料金無料

「見た目は普通、でも一流素材」春夏秋用の素材

キホンは「黒の3mm」

01_flexible_skin.jpg

フレキシブルスキン Flexible Skin

素材の保温性★★
素材の伸縮性★★★★★
素材の重量★★★★★
素材の重量★★★

超柔軟素材のなかでもトップシェアを突っ走る「フレキシブルスキン」。
春夏秋用のウェットスーツ素材としてはサイコウの柔軟性でサーファーの身体を包み込んでくれます。
どんな激しい動きにも追従する着心地は着ていることを忘れちゃうほど・・・
軽くて、よく伸びる素材を求めるなら迷わずチョイスしたいマテリアルです。

SHISEE WETSUITS CLASSICSではフレキシブルスキンには国産生地メーカー「トータスコーポレーション」の「ネッスル」シリーズを使用しています

02_tough_skin.jpg

タフスキン Tough Skin

素材の保温性★★
素材の伸縮性★★★
素材の重量★★★★
素材の重量★★★★★

耐久性能抜群の素材がタフスキン。
もともとダイビング用に開発された素材を、サーフィン用にブラッシュアップした素材がこのタフスキンです。
表面はもとより、裏地も丈夫なジャージ素材。
サンドされているスポンジも、少々の衝撃でもつぶれにくく長年愛用したいウェットスーツを求めるならフレキシブルスキンよりもこちらのタフスキンがオススメです。

店主のソウママサオも半分以上がこの素材で作ったセウェットスーツ。中には6年間愛用したジャケットやロングジョンもあります。

04_Flexible_jersey.jpg

フレキシブルジャージ Flexible jersey

素材の保温性★★
素材の伸縮性★★★★★
素材の重量★★★
素材の重量★★★★

伸縮自在のジャージ素材がフレキシブルジャージ。
ビヨーンと伸びてどんなにアクティブなサーファーの動きにもピッタリフィットします。

SHISEE WETSUITS CLASSICSではフレキシブルスキンを選択した場合、元々のジャージ部分がこの素材になります。

03_tough_jersey.jpg

タフジャージ Tough Jersey

素材の保温性★★★
素材の伸縮性★★
素材の重量★★★
素材の重量★★★★★

強いジャージ素材でウェットスーツを作るならタフジャージです。
ダイビングで培われた耐衝撃性や耐摩耗性をそのままにサーフィン用にリプロダクトした素材となっています。

SHISEE WETSUITS CLASSICSではタフスキンを選択していただいた場合、元々のジャージ部分がこの素材になります