冬用のウェットスーツのマテリアル(生地) of マテリアルセンター by オトナのウェットスーツ SHISEE WETSUITS CLASSICS 送料・オーダー料金無料

「暖かくて柔らかい」冬用の素材

airframe.png

エアフレイム air flame

素材の保温性★★★★★
素材の伸縮性★★★★
素材の重量★★★

発熱系起毛素材の最高傑作の「エアフレイム」。
ほとんどのウェットスーツメーカーではオプション仕様となる生地ですが、SHISEE WETSUITS CLASSICSでは冬用のウェットスーツには標準でエアフレイムを使用しています。 2013年にさらに進化して、発熱性能、水抜け感、そして懸案だった柔軟性がが大幅にアップ。現在では世界的に見てもウェットスーツ用の素材としては最強の素材です。

SHISEE WETSUITS CLASSICSでは冬用のフルスーツに標準でエアフレイムを使用しています。

airnesle2.jpg

エアネッスル air nesle

素材の保温性★★★
素材の伸縮性★★★★★
素材の重量★★★★

従来の冬用起毛素材の常識を覆したのが、「エアネッスル」。
起毛系の素材になかった、柔軟性が大幅に改良された起毛系素材の最新進化系です。
とにかく柔らかい。とにかく伸びる。
運動量の多いサーファーは迷わずチョイスしたい生地です。

SHISEE WETSUITS CLASSICSでは冬用フルスーツのオプションとして「エアネッスル」を用意しております。オプション差額 \0

sa-facewinter.png

冬用素材の表面素材
surface material

冬用の表面素材には水切れの良いマイクロメッシュスキンを使用しています。
真冬の冷水で硬くなったワックスにもしっかりホールドするために、メッシュで型押ししたスキン素材です。

※脇部分、膝~股部分には耐久性を考えジャージ素材を使用しています
※表面素材はすべてブラックカラーのみとなっています
※CLモデルのカラー部分は表面・裏面共にジャージ素材となります


2012年から冬用素材は「メッシュスキン」から「マイクロメッシュスキン」に変わりました。
写真左側が従来の「メッシュスキン」右側が新しく採用した「マイクロメッシュスキン」。
メッシュが細かくなったことで、質感や水切れが大幅にアップいたしました。
あと、見た目も普通のスキン素材に近くなったのもこれまたGOODなポイントです。

1.png